ワンコンテンツ

web制作とかiPhoneのこととか書いていきます

iOS/iPhone

auを辞めて格安SIMに変えた

投稿日:2017/12/13 更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月末に大手通信キャリア(au)から格安SIMに乗り換えました。少しその話を書かせていただきます。

大手キャリアから乗り換えを検討中の方でこの投稿を参考にしていただくにあたり、地方在住+通信環境や移動手段などが特殊な部分もありますので、ご自身の環境に置き換えて合致する部分だけ読んで参考にしてください。

振り返れば

auを16年使い続けていた。携帯キャリアは個人的にauしか使ったことはありせんでした。

KDDとDDIが合併してKDDIになって、ブランドがauになったそんな時代もあったなぁと振り返ってみた。

ただ、毎月の費用は年々上がるばかり。

機種も高性能になって、費用がかかるのもわかる。が、一時期加熱していたて乗り換え金なんかは既存ユーザーが負担する構図になってて、モヤモヤした気持ちを持っていました。

au walletで月々400ポイント入ったり、長期利用者にパケットデータ増量したりと、付加サービスはあったけれど、自分のメリットには直結していなかった

昨今の格安SIMに対する不安もあったけれど、最悪費用はかかるが大手に戻ればなんとかなると思って、2017年11月末にauを辞めて格安SIMにMNPで移りました。

各会社のプランを比較しましたが、フリーテルの通話付きSIMを選択しました。
検討段階でSIM事業は楽天に売却されていたので、会社経営に難航して居ることは分かっていたし、知人の利用者に意見を聞いていたのである程度のリスクは承知の上です。
楽天モバイルとの統合される可能性も予測していましたし、楽天カード使っているので何かしらの恩恵は今後有ると思っています

この記事を書いている時点では民事再生手続きを申請しましたね。

辞めようと思ったきっかけ

生活スタイルに合ってないプラン

パケット3GB+3分の無料通話付きのプランを使っていたが、当時これがミニマムの契約で、店員さんと相談したうえで機種変(iPhone4s →6S)と合わせて2年前に契約。

しかし、電話はしない。しても家族に数十秒・・。
会社と自宅はWi-Fi完備でパケット通信はほとんどしない。
通勤は自転車なので移動中に操作することもない。(電車とかだったら操作するかもね)

果たしてこの費用は掛ける意味があるのか疑問を感じだしました。

店舗に対する不満感

2年ぐらいはショップに行っていないですが、au純正SDカードなるものを分割で機種変時に契約させるSDカード高額契約の被害が身近にありました。全国規模でも起きていたみたいです。販売店にKDDI本体が推奨しているか、販売店にノルマを課しているとしか思えない販売方法に飽き飽きしてしまった。

純正SDカードって何やねん! 相互互換できる規格やぞ。

新しい機種変更プランに対する残念感

今までの携帯端末は機種変しても取って置くタイプです。時々引っ張り出して使っていたときのことを思い返しています。

iPhone4sは4年弱使っていましたし、自宅でたまに音楽再生用で使っています。
今使っているMacBookAirは5年目だけど動作に何も問題もない。
初代iMacは中々捨てられなかったけどやっと去年捨てられた。
それぞれに手に入れたときの感動や使っていたときの事が自分の中に残っています。だから大事にとっておきたいのです。

auの新機種変プランアップグレードプログラムEXでは毎月48回分割した機種代を支払い、2年(24ヶ月)で機種変すればそれ以降の分割費用が免除される(実質半額)の仕組みなので、2年以上同じ機種を使い続けると余計なお金を払うので機種変しろとアピールしてきます。このあたりはメーカーからの販売ノルマが関係しているのかもしれませんね。

さらに機種変時に利用していた機種を「返却」することになっています。

感覚が古いのかもしれないが、なんだか携帯端末を消耗品のごとく扱うことが自分の価値観とは異なっていたのでたどり着いた答えが

「そうだ、解約しよう」

になりました。

 

解約については色々なサイトを参考にさせていただきました。

簡単な流れだけ記載します。

解約の流れ

SIMロック解除手続き

機種が2年分割払いの終わりかけで、SIMロック解除の条件も満たしていたので乗り換え先は決まっていなかったけど、先に解除だけしてみました。
解除は店舗に行くと3,000円かかるがネットからなら無料なのでネットで申込みをおこないソッコー終わりました。

プランの比較

各会社のプランを比較してみました。

比較条件

  1. auのSIMロック解除端末が使えるか
  2. 今現在のプランと同等のパケット量:月間3GBでの金額比較
  3. ただし通話の割引はなくても良い(通話しないから)
  4. 通信速度は気にしない(普段Wi-Fiの中で生活しているから)
  5. 翌月繰越できるか
  6. 契約時の手数料 他

参考にしたサイト

https://mobareco.jp/a52672

このサイトを見ながら実際に各社のサイトで情報を確認して、一覧表を作成しました。

最終的に前述の通りフリーテルの音声つきSIMを選択し、通信パケット量も1GBの固定プランに下げました。10月・11月とパケットを1GBも消費していなかったことと、フリーテルでもパケット量の翌月繰越ができるので最悪必要な時だけ買い足しで対応すれば良いと判断しました。

また、LINE・FacebookなどのSNSアプリの利用パケットがカウントされない(カウントフリー)なのは大きいメリットでした。
通話もLINE通話などに置き換えられると判断できました。

良かったこと

費用は下がった

最大のメリットなので、これ抜きには語れない。
乗り換えたばかりなので、乗り換え時の手数料などは掛かってしまいますが、今後使い続ければ金額メリットは大きくなっていきます。

時間の過ごし方が変わった

スマホのパケットの消費を気にするようになった分、外での通信を使わないようにしたので病院の待合室などで本を読むようになりました。

今後不安なこと

元運営会社の倒産

通信事業は楽天に売却しているのでサービスが止まったり無くなったりすることはないですが、イメージが悪いですね。また楽天モバイルに統合される時に現在の月額が上がってしまうことを懸念しています。
すでに楽天モバイルへの誘導キャンペーンが予告されていますね。

機種変更

やはり機種購入費用は一括で買うよりも大手の分割で実質半額になるサービスには勝てません。その点は機種変更したくなったら試算しなければ行けないかなと思っています。

まとめ

格安SIMは金額のメリットは高いですがリスクがあるのも事実ですし、契約内容などキチンと読まないと見落としてしまいそうな条項がよくあります。(2年目以降料金が増えるとかいろいろ)
値段ばかりで判断せず長期的な目でみて比較検討したほうがよいでしょう。

また、ネット上で購入や契約手続きをする場合もありそれなりにITや通信の知識も必要な場合がありますので不安があるときには大手を離れないことも選択肢の一つです。

今のところ自分は不満を感じていませんので乗り換えてよかったです。

初めて自分の携帯にDocomoと表示されたことに少し寂しさと感動を覚えました。

2018/08/14 追記

フリーテル(楽天モバイル)からお知らせが届きました。

広告

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

-iOS/iPhone
-

執筆者:

関連記事

iOS ショートカットアプリからLINEにメッセージが送れない!?

Siriショートカットとの連動ができているのも新しいショートカットの魅力であり、可能性に満ちているショートカットアプリですが、万能ではないですね。 WorkFlowからバージョンアップしたショートカッ …

iOSのworkflowがかなり便利

iOSのアプリで「workflow(ワークフロー)」というアプリが有ります。 画面上のドラッグ&ドロップで処理を繋いでいき、最終的にアプリとしてiPhone上で動作できるものを作ったり、自動処 …

Workflowで作ったレシピを公開:iOS

以前かいたWorkflowの記事を振り返っていて、普段使いできそうなrecipeを思いついたのでさくっと作ってみた。 ダウンロード QR-Code ショートカット Developer: Apple P …

iPhoneで使える動画作成アプリを使い比べてみた 【iMovie・ Adobe Premire Clip・写真】

スマートフォンで気軽に写真を撮れることは非常に良いですね。いつでも、気になったパチリと写真撮っちゃいますね〜。 気軽すぎて困ったことが出てきました。(個人的感覚ですが) 撮った写真をあまり見なくなった …

計測アプリで距離を測ってみたら、、、

iOS12で新しく追加された計測アプリがあります。 機能は長さを測る機能と水準器の機能があります。 水準器はコンパスアプリに元々あった機能ですが、今回iOS12のリリース時にコンパスアプリからは削除さ …

検索

サイドAD02

AD