ショートカットで、LINEにメッセージを送る方法 続編:iPhone

ショートカットで、LINEにメッセージを送る方法 続編:iPhone

以前、ショートカット(旧workflow)からLINEにメッセージを送れないと記事にしてみました。

iOS ショートカットアプリからLINEにメッセージが送れない!?

ですが先日、ツイッターをフォローしていただきましたスメル増田さんの投稿で、ショートカットからLINEにメッセージを送る方法が見つかりました。

Advertisement

URLスキームでデータを引き渡してメッセージを送るレシピ発見

ショートカットだけで解決しようとしていたのでは解決しませんでした。目からウロコと言うか、発想の転換でした。URLスキームを使ってLINEにメッセージを送ればよかったのだ。

作られたのは@mtn_engineerさんですが、ショートカットで入力したメッセージをサファリ経由でアプリに引き渡せば良いとうことに気が付きました。

【旧WorkFlow】Siriショートカット ワークフロー集

帰るよライン(ショートカットのレシピにリンクします。)

URLスキームとは

iOSでは他のアプリを起動するときにURLスキームという方法が用意されていています。

ブラウザのリンクを開くとツイッターが起動したり、地図アプリが開いたりするかとありませんか?それです。

Safariにデータを引き渡すと指定したアプリが起動します。

例えば

  • メールならmail://
  • 電話ならtell://

とSafariのURL欄に入力するとそれぞれのアプリが開きます。

今回のショートカットはLINEのスキーム「line://msg/text/」を使ってメッセージをラインに引き渡しています。

Advertisement

ただし、送信先は手動で選ぶしかない。

実行後、LINEが起動して送信先選択画面になります。

誰に送るかまでは指定できないですね。まぁそこは今後なにか方法が見つかったらお知らせします。

管理人のボヤキ

Advertisement

URLスキームは盲点でした。いろいろなアイデアを使えるのでショートカットは素晴らしいですね。URLスキームを利用してショートカット作るやり方は大いに活用できそうですね。

以下のページも参考になりました。

まだ、変数を使ったショートカットも作ったことがないので、スキームと合わせて作ってみたいとおもいます。

iOS/iPhoneカテゴリの最新記事