初心者でも大丈夫。WordPressを練習するための構築環境

当ページのリンクには広告が含まれています。
構築環境の準備

WordPress(WP)は、世界中で使われているウェブサイト管理用のシステムの一つで、今見ているサイトもWPで作成しています。

WPは、多数のプラグインとテーマそして拡張性の高い構造が人気ですが、WPが動く環境(サーバー)を用意しないと触れないのが難点です。

  • ちょっと使ってみたい
  • インストールを軽く経験してみたい
  • まだ、サーバー契約するほどでもない
  • WPの編集を練習してみたい

そんな方には、構築環境(ローカル環境)を使うことをオススメします。

この記事ではローカル環境を構築する方法から、オススメのツールやサービスまで紹介します。

また、無料で利用できるサービスも紹介しますので、初心者でも安心してWordPressを練習できるようになります。

「本記事ではアフィリエイトプログラムによる収益を得ています」
わんこん
Web制作を担当する会社員。
気がつけばデザインからライティング、Wp構築などを幅広く対応。
目次

ローカル環境とは、練習や構築のための非公開環境

システムを構築する場合などは、公開されているサーバーでは構築せず、非公開で誰にも見えないサーバー環境を準備して構築することが一般的です。

WPを構築する場合でも、構築する場合にはローカル環境を準備して、練習したり公開前のチェックをするために準備します。

パソコンの中にWordpressが動く領域を設定するので、わざわざ別に準備する必要もありません。

WordPressの構築やカスタマイズの練習のために構築環境を作ってもOKです。

<WPのローカル環境にはlocalがオススメ>

もし、パソコンを持っていないけどWPを触ってみたいのであれば、無料で使えるサーバーもあります。

ローカル環境を使うメリット・デメリット

ローカル環境と聞くと「難しそう」「めんどくさい」と感じてしまうこともありますが、構築ができればメリットも多いので紹介します。

メリット
デメリット
  • サイトを壊しても作り直せる
  • 公開前の確認ができる
  • ドメインの契約が必要無い
  • 独学での構築が難しい
  • リモートホスティングよりも複雑で、技術的なスキルが必要
  • 本番環境とは違う場合がある
  • ローカル環境での作業は、リモートホスティングよりも遅くなることがある

ローカル環境を使うメリット

ローカル環境を準備するメリットは以下です。

  • サイトを壊しても作り直せる
  • 公開前の確認ができる
  • ドメインの契約が必要無い

サイトを壊しても作り直せる

公開されていないローカル環境は、誰の目に触れることもありません。

特に練習では色々なことを試したいので、構築環境であれば誰にもみられずに安心して練習ができます

最悪、「レイアウトが壊れて戻せなくなった」「データベースが壊れて表示されなくなった」場合でも、WPを再設定するすればやり直しができます。

公開前の確認ができる

構築環境は自分のパソコンの中に作るので、誰にも見られる事はありません。

なので、非公開でローカル環境に準備をして、一気に公開する時も便利です。

既に公開しているサイトが有って、デザインリニューアルで等大幅に見た目を変える時なども、既存サイトに影響を与えずに変更ができるので便利です。

ドメイン・サーバーの契約が必要無い

WordPressを構築する場合にはドメインをお名前.comやバリュードメインなどのドメインレジストラで取得して、konoha-wingやX-Serverなどのサーバー会社と契約し設定・公開しなければいけません。

格安のドメインやサーバー(まるっとプラン)などドメインとサーバーがセットになった格安プランもありますが、それでも契約の手続きと月額の費用が必要です。

構築環境であれば、自分のパソコンのなかにサーバーを設定するので、各種契約や月額費用が必要ありません。

ローカル環境を使うデメリット

便利なローカル環境ですが、デメリットもあります。

  • ローカル環境での作業は、リモートホスティングよりも遅くなることがある
  • 本番環境とは設定が違う場合がある

リモートホスティングよりも遅くなることがある

これは自分の環境でおきていることですが、ローカル環境の表示が遅い事があります。

ローカル環境はパソコンのリソースを使っていますので、重い作業や画像編集系のソフトを使っていると、ローカル環境の動きがどうしても遅くなります。

Web構築をしている場合には、「画像編集←→構築」とろ行ったり来たりしているので、どうしてもPCには負荷をかけてしまいます。

結果、ローカル環境の表示が遅くなる場合があります。

そういう時はメモリ解放すると回復する場合が多いです。

本番環境とは設定が違う場合がある

ローカル環境はパソコンでWPを動かすことに特化しているので、実際の公開されているWebサーバーとは設定やソフトが違う場合があります。

公開サーバーは、表示速度アップのためにチューニングされていたり、セキュリティ対策で機能が限定されている場合があります。

ローカル環境から本番サーバー(conohaWINGWPXサーバー)にアップロードした場合には、必ず表示をチェックして、設定した内容が正常に動作しているか確認しましょう。

Wrodpressのローカル環境はLOCALがオススメ

引用:https://localwp.com/

「LOCAL」はWPのローカル環境をパソコン内に設定するためのツールです。

英語表記ですが、無料でダウンロードできて、インストールするだけで、Webサーバー、PHP、DB、WPが設定され、すぐにWordPressのローカル環境が作れます。

WindowsだけでなくMac版も有り、基本的に操作は同じです。

複数のWordPressサイトをインストールすることも可能で、管理画面から簡単に増やせます。

テスト用にサイトを作ったり、複数のWPサイトの環境を準備したりするときに使えます。

プラグインで便利な機能も追加できるので、構築環境としても便利に使う方法があります。

オススメのプラグインはInstant Reloadで、CSSを変更すると自動的に表示している画面を再読み込みしてくれます。 これだけで手間が少なくなるので構築の効率がだいぶ上がります。

触るだけなら無料でWPを利用する手も有る

「どうしてもローカル環境が準備できない、けどWordPressを使いたい」

そんな場合には無料でWP使えるサービスがあります。

ただし、広告が表示されたり、容量や機能が制限されている場合がありますので、その点はご理解ください。

  • Xrea.com フリープランでWPが使えます。
  • Xfree Xserverが提供する無料レンタルサーバーです。
  • WordPress.com  無料プランでWPが使えます。

操作になれたら有料サーバーを契約して、本格操作していくと良いでしょう。

WPのローカル環境構築のよくある質問

XAMPPやMAMPとLOCALの違いはなんですか?

いづれもローカル環境をこうつくするためのツールです。

LOCALはほぼマウス操作だけでWPの環境構築ができる、シンプルでわかりやすいのが特徴です。

XAMPPやMAMPはネットワークの知識や設定ファイルの編集など、知識とスキルが必要なので、できる人には良いですが、手軽に操作できるのはLOCALです。

WPを構築するときにローカル環境は必ず必要ですか?

公開されたサーバーで表示されても問題なければ、ローカル環境を使わずに直接構築しても問題有りません。

ただ、テーマを切り替えるとか大規模に改修するときはローカル環境で手順を確認したり、構築して公開したほうが良いでしょう。

アクセス数が多いサイトほど必要だと思います。

WordPressのローカル環境を準備するまとめ

ローカル環境があれば思う存分WordPressを練習して、壊して、作り直せるので、練習する場所としては最高です。

ガシガシ構築をしたいのであれば、構築環境をLOCALで作成して出来上がったら公開すると良いでしょう。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次