Workflowで作ったレシピを公開:iOS

NO IMAGE

以前かいたWorkflowの記事を振り返っていて、普段使いできそうなrecipeを思いついたのでさくっと作ってみた。

他にも以前作っていたものも合わせて公開します。

Control URL:URLを他のブラウザに送る等

開いているページのURLをコピーしたいときに態々URL欄をタップして、全選択してコピーして・・・という作業が煩わしいので、URLをコピーし&その後のアクションを選べるようにしました。

recipeをダウンロード

使い所 ActionExtensionに登録しておけばURLのコピーや他のブラウザで開くのが楽になる。

15min Timer

作動させて15分たったらお知らせ音とバイブレーションを鳴らす。さらに15分延長するかどうかを選択できるようにしました。
iOS11ではコントロールセンターでタイマー設定したり、Siriに「タイマー15分」と話しかければできるけど、ボタンを押すだけでスタートする手軽さが欲しかったので作りました。

recipeをダウンロード

作業を15分で終わらせるためのタイマーとして作ってみました。

NetworkInformaiton:IPの取得

自端末のIPを表示するレシピ。Wi-FiのローカルIPと電話回線のIPを選択できるようにしました。

recipeをダウンロード

使い所はローカルIPなら自宅のネットワーク調整とかで使えるかな〜。電話回線のIPは特に使い所はないかも・・・・。

 

Make QR code from clipboard:QRコード作成

以前作ったQRコードリーダーの逆でクリップボードの中身からQRコードを作成。
URL形式の作った画像はカメラロールに保存、ドロップボックスに保存、クリッピボードにコピー、QRコードを表示のいづれかを選択できるようにしました。

recipeをダウンロード

使い所・・・・、あるのかな?

まとめ

ご自身の使いやすいようにカスタマイズして使ってください。

追記

Workflow改めShrortcutsとして2018/09/18リリースされました。

iOS/iPhoneカテゴリの最新記事